会長ご挨拶

 栄区医師会のホームページにアクセスいただきまして、ありがとうございます。
 平成27年6月より栄区医師会長を拝命いたしました江口でございます。8年間務めてまいりました吉田前医師会長から引継ぎ、新たな体制でスタートいたしました。
 栄区は昭和61年11月3日より旧戸塚区より分区し誕生しました。医師会も旧戸塚区医師会より分かれ、新しく栄区医師会として活動を開始いたしました。
 当医師会は個々の所属医師の医療活動に加え、休日急患診療所、訪問看護ステーション、居宅支援センターの業務を行い、地域医療、救急医療、在宅医療、地域福祉に対応しています。
 また、予防接種、乳幼児健診、特定健診、健康診査、がん検診、横浜市夜間急病センター、市民公開講座、健康相談事業、校医・園医などの幅広い活動を行っています。今後も栄区福祉保健センター、基幹病院である横浜栄共済病院など関係諸団体と緊密な連携を行い、地域住民の皆様の医療福祉サービスに努めて行く所存です。
 さらに、今年度以降は在宅医療、防災医療に力を入れて参りたいと考えています。今年度中に横浜市行政・横浜市医師会と連携し、栄区医師会内に在宅医療連携拠点が設けられる予定となっております。
 12万余の人口を有する栄区は横浜市の中でも人口の少ない区の一つで、また高齢化率が高い事で知られていますが、介護保険の介護度は低く、お元気な高齢者が多い区として横浜市の中でも注目されています。
 自然が豊かで閑静な住宅地が多い栄区で、今後も皆様の健康や福祉などの分野で、安心して住みよい環境づくりに努めて参りたいと考えておりますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

医師会会長 江口 一彦






>>Home >栄区医師会について